レンタルCGI
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これぢゃだれだかわからんだろ

20070806161642
牛くんのミラクルワールドの付録についてきた絵はがき。

チミはクサナギか?地デジに切り換えよろしくか?
と首をかしげたくなる不思議な写真の数々に、
これが混ざってるのだ。

とはいえ、こおゆう暗めの抽象的な写真は好きだ。
ラウさーん、この絵はがき集だけ売ってくれよーう。

このCDで一番好きな曲は、わしは牧笛ですな。何回聞いても泣ける。

えいごぢゃわかんないよう(T_T)

Item Quantity Shipment
Unit Unit Price
(USD) Total
(USD)
The Truth Package (Hong Kong Version) 1 3 28.99 28.99
The Three Swordsman 1 0 0.00 0.00
Everlasting Love (Hong Kong Version) 1 1 12.99 12.99
The Sting 1 1 4.99 4.99
LEE ROCK II 1 0 0.00 0.00
The Fortune Code (Hong Kong Version) 1 1 4.99 4.99
1:99 1 1 5.99 5.99
Hong Kong Godfather 1 1 6.99 6.99
Lai Shi, China's Last Eunuch (DVD) (Hong Kong Version) 1 1 9.99 9.99
Golden Chicken 2 1 1 5.99 5.99
Kawashima Yoshiko (Hong Kong Version) 1 1 4.99 4.99
The Shoe Fairy (Hong Kong Version) 1 1 11.99 11.99
The Moon Warriors 1 1 12.49 12.49
The Unwritten Law (Remastered Version) 1 1 12.49 12.49
Future Cops 1 1 9.99 9.99
The First Time Is The Last Time (Hong Kong Version)

華仔のDVDやVCDを16点ほどまとめ買いしたが、
yesasiaからのメールで
LEE ROCK II, Golden Chicken 2, Kawashima Yoshiko
はわかるけど、
あとはどれがどれだかわからんよ。
The Shoe Fairy は、ビビアンスーの靴がどうたらだと思う。

過去に見たはずだけど、ビデオを処分してしまい手元にないものを主にピックアップした。でも、見た映画のトータルが120何本にならない。昔ので見てないのがいくつかあるし、ハンパに古いのでも、たとえばアルマゲドン見てないもん。(「見る気が起きない」が正しい)
金鶏シリーズは、出演作に数えていいのかな?
「酔拳」をカウントしてるなら、「金鶏」もカウントしていいとわしは思う

やっぱり行かなきゃならんのね

ただ今、朝4時ごろ。
きょうは七時代の電車に乗らなきゃならないので、早起きの苦手なわしは、12時ごろ軽く仮眠取った後に、夜更かししているわけです。これで風呂はいれば、6時までおきてられるだろう。眠けりゃ電車で寝ればいいわい。明日は、後頭部の違和感というおまけがついてくる。
個人的な話はこのぐらいにして、

だそうです。

なに?29日まで?いや、最後までよく見ると、保管しておいてくれますって。今年じゅうか遅くとも来年には行かなくては!

ところで、週末に、香港返還十周年のニュースを見た方も多いことでしょう。
わしは、返還そのものよりも、華仔が「中国人」歌うようになって10年たったかいな、ああいそういや、96年のコンサートでは歌ってなかったかも としみじみ回想していました。

Youtubeに、10周年の記念式典で四大天王がそろって歌う映像がUPされていたので見た。
なにが驚いたって、
・貫禄たっぷりなのに、おっさんになってない四大天王
そして
・前列の来賓の方々withふたのついた湯のみ ああ、いかにも中国

華仔の中国ツアー日程見て、なぜ中国なんだよーう!となげくわしがまつがっているのだ。

続きを読む? »

ラウさん2名

20070626142702本棚のビデオ整理。
ラベル貼ってないから、中身を一つ一つ再生して確認。
これは「皇上保重」かな?中国語のチャンネル受信していた頃録画していた。
でも、中国語吹き替えで本人の声じゃないから、おっくうで見なかったのだ。

今となっては、中国語の教材をタダで手に入れた気分♪

字幕を見るのは、当時よりも少し楽になった。
耳は、すぐ慣れるだろう。

続きを読む? »

記憶が風化しないうちに書き留めておこう

6月16日

天気予報では雨マークがついてないとはいえ、降水量が日本よりも多いはずの香港、いちおう寒冷地仕様防寒靴(くどいようだがスパイクつき。雪の多い地域では、普通に売っている。足が冷えなくて実にいい!わたしはもっぱら雨の日にはくことが多い)と傘、それにサーファー仕様の帽子(頭が蒸れない、風で飛ばない、視界をよくするためツバを自由に上げられる、家でザブザブ洗える、海に落としても浮く)も準備したが、わたしのわずかな滞在中は雨が降らなかった。むしろ晴れて蒸し暑かった。

そのむし暑い中、まずビクトリアピークの蝋人形館に向かう。ピークトラムを待つのはいやだったので、行きはタクシーで坂をグネグネと登った。しゃべれない場合、山頂と書いた紙を見せれば行ってもらえる。

たぶん、ここに行ったのは、19年ぶりじゃなかろうか?以前は単なる山のてっぺんだったはずなのに、なにやら大きな建物がふたつある。みやげ物やら、飲食店やらがいろいろあり、人が集まる場所には、もちろんバレノもあるのだ。
夜景を見る場所として有名だが、お天気のいい日に香港の景色を見下ろすのもまたおつである。

本来の用件である、マダムタッソー蝋人形館へ。興味ない人だと、見学に20~30分もありゃ充分かな?香港の芸能人に興味ある人が行くと、かなり楽しいはず。思いのほか、時間かけてあれこれ見とれてしまう。
ジェイ君のファンの皆さんごめんなさい、わたしには、ジェイ君の人形が浅草キッドの小さい方に見えて、とっさに誰だかわかりませんでした。
華仔は、無間道のラウ。背格好は、実物とほぼ同じ。でも、顔はちょっとへん。やっぱりご本人の方がいい。
芸能人だけでなく、中国人の宇宙飛行士?や、香港の女性ウィンドサーファーなど、へえ、こういう人もいるのね、とためになった。
でも、政治家は興味ないからスルーした。なんか、中国のお偉いさんの人形が集まってたな。こないだ日本に来て公園で太極拳やってたオンなんたらいうおっさんもあった。
出口がどこなのかわかりにくくてうろちょろしたため、よけい時間がかかった。わしは非常口を開けてしまい、でかい警報音鳴らしてしまったさ。

白人受けしそうな、しゃれたタイ料理屋でのんびりお昼と食べたのがいけなかった。集合時間まで、あと1時間ちょっと。路線バスで速攻、さっきの道を降りた。(だってトラムは白人さんがいっぱいで窮屈そうだったんだもん)
頭文字Dのような恐い走りを期待していたが、バスは案外安全運転だった。とはいえ、2階建てバスの先頭に乗るのは楽しい。
しかし、せっかくバスに乗ったのに、わしの注意が足りなかった。終点の中環とは、地下鉄の中環ではなく、フェリー乗り場の中環だった。ありゃ、こんなに遠かったっけ?フェリー乗り場って、移動したの?バスの中から、気をつけて外を見ていれば、地下鉄の駅のどれかで降りれたはずだったのだ。
時間に余裕があり、しかも涼しい時期なら中環駅まで歩いてもいいが、汗だくで体力消耗したくなかったので、タクシーで行く。

地下鉄は、急いでいるならすなおに旺角・黄大仙方面のやつに乗ればいいものを、どうせなら今まで乗ったことないルートで行こうとかたくなに決めていたため、北角方面から行ったのだ。(わかりにくい場合、路線図を見ながら読んでくだされ)
北角と油塘で乗り換え。おまけに、海を渡るから、その間はちょっと長い。
でも、MTR(注・MRTだと台湾)は乗換がとてもスムーズにできる。階段なんか登らないし、延々と1駅ぶんも歩くこともない。今思えば、中環から九龍湾までさほど時間かからなかった。

九龍湾からさらに離れた場所に会場があるのだが、その前に、九龍湾駅に隣接したショッピングモール内を突っ切らなければならない。
人ごみかきわけかきわけ、シャトルバス乗り場を見つけたものの、なんだか知らんがべらぼうに行列が長い!(あとでわかったが、この日は、大きな催物が華仔天地のほかに2つあったみたい)慣れない土地でしかも暑い時にダラダラ歩くぐらいなら、タクシーに乗れ!がわしのルールなので、迷わずタクシーに乗り、リハ開始と言われていた3時ギリギリに到着できた。
汗に強いはずのマキアージュも、汗かきなわしにはかなわないらしく、顔はでろでろになっていた。

続きを読む? »

おもしろいが単館でいいだろう。 イノセントワールド

読者さんの中には、「チミ、なんか肝心なことを書き忘れてないかね?」と感じていた方もいらっしゃったでしょう。
はい、「イノセントワールド」のこと、upし忘れてました。

泥棒どうしがメンツや愛を賭けて、一般人には全く気づかない水面下で技を競いあい、しまいには命がけの闘いになってしまうのだな。
華仔たら、いくつになっても流血姿が絵になりますな。華仔の理不尽な流血死は、もはや様式美です。

あの登場人物中で一番すっとこどっこいの大ばかやろうは、下手な小芝居する親分だ。あいつ、あんなに偉そうに漢詩を語るわりには、やることなすことみみっちすぎる。
おそらく、ご立派な言葉並べて人の上に立ちたがるヤツなんてのは、泥棒でなくとも、保身しか頭にないのだろう。腹の底は、自分より優れたヤツを認めたくねーんだもん。人材が大事とか言いながら、情け容赦なく切ってるじゃん。


これも仏教映画(そんなカテゴリないはずだが、わしはあえてそう呼ぶ)ゆえ、ほんとに伝えたいことは、たぶん深いものなのでしょう。

人間にはいろんな面があり、その、もしかしたら自覚すらできてない面が、いつ、なにがきっかけで沸き上がるかはわからない。
わたしは、あのカップルが、心境の変化こそ見せたものの、完全に改心したとは限らないと思っている。人間そんなに単純ではない。

もしかすると、ラストの北京ダック食いまくりが、かなり重要なシーンのはずなのだ。
わたしは好きな男の子供を孕んだことがないため、あのシーンで感情移入できなかった。
たぶん、あのシーンの感覚や感情は、一生わたしには理解できないのだろう。
(そういや、今時の妊婦さんは、ブクブク太ってる人を見かけないし、2000g代で産むのが主流なのか、赤ちゃんも小ぶりだ。)
でもひとつだけわかる、女なら、泣きたい時でも食える。てか、一大事な時だからこそ、しっかり食う。


単館上映で充分なのは、つまらないからではなく、おもしろいけど、きみの身近な人が喜ぶとは限らないし、見たいならおっくうがらずに遠くても劇場に足を運びたまえよという意味である。
また、大劇場でわいわいしながら見るのはちょっとちがうでしょう。

ところで、お金をお参り用の札もどきにすり替えたのは、青年を見送った村人たちだと思ってたのはわしだけかね?

続きを読む? »

テーマ : ☆.。.:*・゚中国・香港・台湾映画゚・*:.。.☆ - ジャンル : 映画

あまりに一瞬すぎ

20070531103840
テレビの回りを久々にまともに掃除してると、
日テレの10時頃の、お笑いの人がいろいろ出て来るワイドショー、

アンディラウの三国志がカンヌでなんたら

だったかな?
あ゛~!と騒ぐうちに終わる。ほんの一瞬。
あまりに短時間だわ。
でも、紹介されるのはうれしいものだ。

ラウさんたら

華仔が㌧煌で撮影中ですが、BBSの書き込みをみると、大スターだろうが一般人だろうが、自然の猛威は容赦ないことがわかりますな。原文はここ 
猛威は大げさかな。でもほんとに、行けども行けども同じ景色&砂だらけなんだもん。
さりげないスカーフが笑えるけど、ああやってないと、砂が飛んできまくりで、スギ花粉どころじゃないもんね。
写真は本人が選んでるにちがいない、行く先々で文字に関心がいっちゃってる。

続きを読む? »

麥兜菠蘿油王子 マグダル パイナップルパン王子

麥兜菠蘿油王子

2006年3月24日

かわいいぶたくんが出てくる香港製アニメです。うまい言葉が見つかりませんが、かわいい絵なのに甘ったるくない話。クレヨンしんちゃんに悲しみと哀愁を加味したような。ぶたくん、かわいいけど神経が過敏そう。

あの幼稚園の会話の練習、わたしも参加したいわい。
肝心な童話の部分で薬がきき、いねむりこいてしまいました。
こりゃDVDかVCD買って見直さなくてわ。
カテゴリわけは、華仔でいいでしょ、だめ?

古い建物をあちこちでガンガン壊してしまう光景、大掛かりなものは日本ではあまり見かけない。それが香港でも台湾でも中国でも、ガッツンガッツン壊して、速攻新しい建物が建っていくのだよ。

台湾のパイナップルケーキはみやげで有名だが、香港のパイナップルパンは、ポピュラーな菓子パンなのだろおか?今度行ったら食ってみるのだ


マクダル パイナップルパン王子@映画生活


ところでユーロスぺース、いつの間にかCLUB ASIAの隣に引っ越したのね。つまりラブホ街ね。あの辺のラブホテル、部屋狭そうだな。

2007年4月24日
この映画のDVDをやっと見たのだ。

続きを読む? »

テーマ : 香港映画 - ジャンル : 映画

門徒

門徒といっても、べつに浄土真宗についてお話しようというのではありません。

たまった宿題やらなきゃいけないけど、その前に、きょうは久々に、華仔の映画のことを書くのだ。日本語字幕はないから、細かい内容はわかっていません。鵜呑みにせずに読んでください。

おととしの、華仔の白髪頭の原因がこの映画。
この映画、久々におもしろいもん見っけ!な、いいできなのに、なんでリージョンALLぢゃないんでしょ?(と書いてみたものの、パッケージにリージョンコードの表示がみあたらん。予約する段階ではリージョン3と言われたのに、わしが買った業者さんのサイト見ると、3とは書かれてない。じゃ、これ、ALLなのか?)
お話は、あまり詳しく書かないでおいた方がいいかな?

無間道の影響がちょっぴり感じられなくもないおとり捜査ものですが、恐い場面の描き方が秀逸!!映画館で見たら、きっとマジでこええ!!家で見ても、夜中にひとりで見たら、トイレ行けないだろう。
でも、あれは必要な表現手段だ。あのリアルさがなければ、クスリの怖さは伝わらん。

古天樂のジャンキーっぷりもよいが、セブンソードに出てたと思われるねえちゃん(張靜初)の壊れぐあいが、たまらなくぞくぞくするのだ。実にそそるのだ。
ベッドシーン見ながら、ああいうセックスは、一般人には想像できないほど、気持ちいいんだろなあ ほわわ~と妄想してると、たちまち、通常のセックスではありえない異常な反応が!これがまた恐いの。やっぱクスリ使ったセックスは知らなくていいや と考え直すほど。

袁詠儀は、実際に妊娠中の体で、「もうすぐあなたの子が生まれるのよ」な妻をリアルに演じているものの、そのリアルさは、あのねえちゃんの狂気で吹き飛んでしまう。
いや、ちがうか。妊婦さんは、この映画で重要なテーマではないから、袁詠儀は、あのぐらいの説得力で抑えているのでせう。

華仔は、「持病を治したいし、わしもそろそろ引退したいんじゃい」な麻薬密売組織の親分。加齢臭漂ってきそうなおやじっぷりがイイ。
(でも、美形ゆえか、はたまた、世間がおやじな華仔をゆるさないのか、おしいことに、そのおやじっぷりを持続してくれないんだわ。)

華仔は、にえきらないダメ男も、なぜかはまりますな。わしはそれらを見るたび、毎回むかついてしまうのだ。
「わしにも妻と娘がおるんじゃ」みたいなことをぶつくさいいながら死んでいくシーンにも、ったくもう! とむかついてしまった。いやあ華仔、たいしたもんだ。
でも、「タバコだって体に悪いじゃんかなあ、ヘロイン売ったっていいじゃんよ」(たぶんそんなことを言ってたのだろう)の時のいいかげんさというか、無責任さは好きだ。これからも、華仔にはどんどん邪悪を演じてほすい。

で、引退したい親分から、後継ぎ候補にしたいほど信頼されている若いもんが、ひこそ(←すみません、ダニエル・ウー(呉彦祖)くんです)
なんとなく顔が似てるので、しゃれにならんほど兄弟のような師弟関係だ。字幕がなかったら、このふたりは親子か?と思うほど。

古いビルの一室でせっせとヘロインを加工するシーンでは、華仔のせかせか&てきぱきした仕事っぷりを見て、この人、ふだんもこんな感じにきびきびしているだろなあ と、わしは思いをめぐらしていた。


恐くておどろおどろしてるだけでなく、ひこその警官姿など、適度にファンサービスもございます。

テーマ : 香港映画 - ジャンル : 映画

会員証と毒 ちゃう 届く

20070404210830
華仔天地から
今年の会員証と
携帯のストラップが届く。
しかも、四月生まれのわしには、
バースデーカードまでいっしょに届く。
なんと合理的な!


甲本ヒロトぢゃないよん

公式サイトに、貼るよう書いてあったから、貼ったわい。
それにしても、邦題なんとかならんのかね。
イノセントワールド(ーー;) ミスチルか?
わしの誕生日の翌日に公開だわ。

ひええ、基地外に因縁つけられてる!!

http://www.recordchina.co.jp/group/g6857.html
しばらくPCさわらなかったら、すんごいことになってるわ。

娘の追っかけのためにそこまで金かけてやる点で、もう充分頭おかしいでしょう。子供を守るためなら(自分たちを正当化するためなら?)どんな非常識な言動もありえるし、親子の癒着の度合いも、おそらく尋常ではないでしょう。

華仔という有名人に降ってわいた迷惑事件という形になってるけど、身近でも起こりうる話だと思う。
基地外には正論通用しないのよ、マジで。怒りのパワーが並大抵じゃないし。身近にいたら関わりたくない。思いっきり途方にくれてしまうわしであった。
この一家を通院させてけろ!でも、中国に精神科があるのか?

黒金はいずこ?

最初にあやまっておきますね、すみません。全く速報性のない記事です。

朝っぱらから、こういうすっとんきょうな映像見てへらへら笑っていたら、とんでもないことをふと思い出してしまった。

わし、「黒金」のDVDどこにやっちゃったの?なぜないんだよ~う

ちなみに、笑って見てた映像は、他にこおゆうのこんなのおめでたいものもございます。
大自然の中でなぜロボットと化すのでしょう?ぢつはロボットだったというのなら女が離れていくのも仕方ないですな。
什器のCMソング(だったと思う)や正月の歌は、わしが選ぶ華仔の歌ベスト10にはいります。

それにしても、どこに行ったのかみあたらんぞ、「黒金」。

南京大虐殺はほんとにあったのか(・ε・? 他

ファンの方なら既にこの情報ごぞんじですよね。
でもホワイトデーにこの話題書くのは、とちょっぴり遠慮しました。

南京大虐殺に関する映画の出演者の候補に、華仔が上がってるぽい。

もしその映画ができるなら、日本は、もろ、わるもんでしょうな。

でも、どうせ戦争映画作るなら、ハンパに平和を訴えるよりも、「てめえらが攻めてきやがるから、こんなことになっちまったんだろが ばかやろう!」な映画つくっちゃってもいいじゃん!とわしは思うよ。
日本でも、アメリカをわるもんにした映画、できねえかなあ。

明治から昭和にかけて、戦争のきっかけを作ったのが、日本なのか外国なのか、じつはわし、知りません。
ほんとはどうなのか知りたいので、いろんな立場の視点(によってできた映画)は必要だと思う。

続きを読む? »

最好的聲音PARTY

20070131205251
今日うちにも届きましたよ、華仔天地のチャリティDVD。

ケースを開くと、黒板にチョークで書いたような、アバウトな音楽史があるのが、唐突すぎてふしぎだ。(ょく見たら、ステージにおいてある。あれ、全部見たい!)

アンテナかついでアンディゴーアンディーゴーゴーな時は、江戸の火消しのオヤジみたいなのに、私立の高校生みたいな服装だと、めちゃ若くて、まちがってもリーマンには見えないのもまた、東洋が産んだふしぎだ。

まじ?その曲に中国人つなげちゃうのかい!とたまげる強引なアレンジも、融合というよりふしぎだ。

前の席に、ビジネスマンが何人も座ってる(しかも蛍光棒持ってる)のも、マジでふしぎだ。

そんなふしぎな限定販売品ですが、
「聲音」を中心に選曲したライブは、けっこうおもしろいのだなこれが♪

シンプルな舞台装置は、日本の昭和三十~四十年代にもやや似ている。昔のTBSのドラマで、堺正章や西城秀樹が木のベランダや屋根に上がって歌う場面を思い出したわしは若くない。
私はこういう時代にこんなふうに成長してきました をテーマにしぼっているらしく、華仔がどんな子だったかを少しでも知ることができて、また、自分はその頃どうしてた?と振り返れるのだ。

ラウさん、早くこのぐらい髪が生えそろってけろよ。

続きを読む? »

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»

プロフィール

(・ε・)ヾ

  • Author:(・ε・)ヾ

  • ♪ま~っしぐーらーさー


    ♪あいつにゃとっても
    かなわなーいー


    まあ、JPのフィギュアが

    这边中文版ただしめちゃくちゃ

    臨書は原帖に忠実に
    創作は自分に忠実に

    苦手なもの
    ・団体生活
    ・洋菓子
    ・脂っこい食物
    ・社交辞令
    ・規則正しい生活
    ・勤勉、努力、忍耐
    ・曖昧な日本語
    ・オチのない長話や
     自慢話を聞かされること

    うさぎどし
    おーしざ
    おんな
    A rh+
    既婚
    左肩に違和感











最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。