レンタルCGI
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漁光曲

この映画を知ったきっかけは、挿入歌。挿入歌の出だしが、セリーヌ・ディオンのタイタニックの歌のさびに似ているから。夫が二胡で弾くのを初めて聞いた時、なぜタイタニックなんか練習してるのだ?と耳ざわりでたまらなかったのだ。きっとタイタニックがこれをパクったのだな。

トーキーというのかな?古い映画だからセリフはなく、最小限の字幕のみ。細かいところはわたしもわからなかったので、まず、こちらを読んでいただいた方が早い。
http://www.eigaseikatu.com/imp/14117/172883/
この時代の中国は、反日映画も作っていると聞いてはいたが、漁光曲もそうだったとは。
あの暴利をむさぼる業者が誰であれ、あと何年かしたら、日本も、金持ちと貧しい者の差がこのぐらいはっきり分かれてくる気がして、なんだか人ごとに思えないおそろしい話だった。

映像が思いっきりブレブレで、音楽の処理はかなりてきとう。でもそんなことどうでもよくなるぐらい、ストレートに漁民の苦しさを描いている。

たまたま今お金のある人々がこれを見たら、
わたしとは全然ちがう感想を持つことでしょう。


漁光曲@映画生活
音楽担当は、聶耳。聶耳と書いて、エニ㌃と読むらしい。わしと夫は、長年「耳4つ」と呼んでたわい。
なんと中国の国歌を作った人だとか。というより、ある映画の挿入歌が、のちに中華人民共和国の国歌に採用されたんだと。
藤沢市在住の人や、よく湘南方面で遊ぶ人なら、この名前に見覚えあるでしょ?プールガーデンがあった辺りに、聶耳の記念碑がある。日本に亡命してきて、鵠沼で水死したそうな。

↑う~んう~ん
よくわかんないよ
なぜ亡命しなきゃいけなかったんだろ?
しかも、反日の曲を作ってるのに
亡命先が日本でいいのか?
スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

コメント

コメントの投稿


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

(・ε・)ヾ

  • Author:(・ε・)ヾ

  • ♪ま~っしぐーらーさー


    ♪あいつにゃとっても
    かなわなーいー


    まあ、JPのフィギュアが

    这边中文版ただしめちゃくちゃ

    臨書は原帖に忠実に
    創作は自分に忠実に

    苦手なもの
    ・団体生活
    ・洋菓子
    ・脂っこい食物
    ・社交辞令
    ・規則正しい生活
    ・勤勉、努力、忍耐
    ・曖昧な日本語
    ・オチのない長話や
     自慢話を聞かされること

    うさぎどし
    おーしざ
    おんな
    A rh+
    既婚
    左肩に違和感











最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。