レンタルCGI
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

周杰倫世界巡廻2008日本演唱會  Jay Chou World Tour 20 08 in Japan

わしはこの人のこと、なんにも知らずに武道館行きましたが、むしろ知らずに行った方が、ジェイくんの力量のすごさを思い知るでしょう。

日本にいながら、良質の中華ポップスを楽しめるとは、なんたる贅沢。しかも武道館で。
約三時間の中身のてんこ盛り感は、たぶん、香港コロシアムあたりで見る内容とほぼ同じじゃないでしょうか。日本だからって手抜きしてなさそう。

なんでもありな中華娯楽の展開と、ジェイくんの豊かな表現力がうまく調和し、最後まで飽きさせません。
あれなら、長者番付に載るほど稼げるのも納得がいきます。

スクリーンに歌詞の和訳がついてるだけでも親切なのに、MCにも通訳がつき、いたれりつくせり。時々、とんまな訳もあるけど、でも、なにも聞き取れず置いてきぼりくらうより全然いい。

おかあさんのために作った歌には泣かされたわい。

また、もてない友だちの世話を焼く歌に、意外な男気を感じるのだった。

一曲だけ、反り舌駆使して歌っていたが、台湾の人には大変なんじゃないかね?

唐突なピアノセッション→俺は三歳からピアノをやってるだのコンサートだから踊るだのいうラップにはあぜんとし、濃厚な社交ダンスにはげっぷが出ても、チェンミンらしきニ胡奏者の登場ににほっとし、アンプラグド風な演奏では、これぞ見慣れた武道館と気が休まり、三味線まで出てきたら、よくぞそこまでと感心し、ああもうおもしろすぎてきりがない。

ジェイくんの不思議な髪型、わしもまねしたいですな。

スポンサーサイト

テーマ : ライヴレポ・感想 - ジャンル : 音楽

コメント

コメントの投稿


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

(・ε・)ヾ

  • Author:(・ε・)ヾ

  • ♪ま~っしぐーらーさー


    ♪あいつにゃとっても
    かなわなーいー


    まあ、JPのフィギュアが

    这边中文版ただしめちゃくちゃ

    臨書は原帖に忠実に
    創作は自分に忠実に

    苦手なもの
    ・団体生活
    ・洋菓子
    ・脂っこい食物
    ・社交辞令
    ・規則正しい生活
    ・勤勉、努力、忍耐
    ・曖昧な日本語
    ・オチのない長話や
     自慢話を聞かされること

    うさぎどし
    おーしざ
    おんな
    A rh+
    既婚
    左肩に違和感











最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。