レンタルCGI
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽聞くのに歌詞を重視?

>女性は歌詞、男性はメロディを重視する?!

こんなタイトルのエッセイ?を見つけた。この人がおっしゃるには、「だれそれの曲は歌詞がいいよね」「歌詞に共感できる」みたいなことを言う人は、女が多いのではないか?だそうな。

そういう人、男女とわずいると思う。音楽聞くのに、ドラムがどーのとか、ベースがどーのとかよりも、言葉が言葉としてくっきり聞こえるタイプの人なんだと思う。
わたしはそういう音楽の聞き方って、ふしぎでたまらない。日本語以外の歌詞で、「意味はわからないけど泣けた」と言えるならよかろう。もしも、日本語以外の楽曲は「歌詞がわからん」で終わっちゃうなら、いちいち訳さなきゃ気がすまないなら、音楽=日本語でしかないわけじゃん。

でも、人のこと言えないのだ。なぜなら、わたしは外を歩くとき、何よりも文字や標識を注目してしまい、花とか、木とか車などは全く気にならないからだ。ちゃんと視界に入っているものの、関心がないから細部まで見ようとしない。
しかも、困ったことに、漢字を使わない文化圏の文字は模様にしか見えない。
英文のメールを作る時は、まず「これは模様でも埃でもない!文字だ!文章だ!」と頭に言い聞かせることから始めなければならない。

もし山や海など、文字がほとんどない場所では、雲が気になる。雲は筆で書いたみたいだからだ。なので、雲ひとつない快晴は、わしには死ぬほど退屈だ。



と書いてみたが、男に受けるバンドとか、歌い手は、歌詞がめめしくないかもしれん。歌に手を抜いてるわけじゃないが、演奏にかなりのエネルギーをつぎ込んでいるかもしれん。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP | 

プロフィール

(・ε・)ヾ

  • Author:(・ε・)ヾ

  • ♪ま~っしぐーらーさー


    ♪あいつにゃとっても
    かなわなーいー


    まあ、JPのフィギュアが

    这边中文版ただしめちゃくちゃ

    臨書は原帖に忠実に
    創作は自分に忠実に

    苦手なもの
    ・団体生活
    ・洋菓子
    ・脂っこい食物
    ・社交辞令
    ・規則正しい生活
    ・勤勉、努力、忍耐
    ・曖昧な日本語
    ・オチのない長話や
     自慢話を聞かされること

    うさぎどし
    おーしざ
    おんな
    A rh+
    既婚
    左肩に違和感











最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。