レンタルCGI
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディパーデッド これはこれでイイ( ̄ー+ ̄)

ご存じ「無間道」←インファナル・アフェアの中文名 のパクり。
レレレのレオ、この調子でがんばってけろー!

多くの華仔迷から、裏切り者と呼ばれるのは覚悟の上で書きましょう。

これ、好きだ!
だって、
説教ヌキなんだもん☆


矛盾しているのだが、戦争ものや時代劇は、たちの悪い人殺しの話だと思うから嫌いなわしは、いちばん好きな邦画が「仁義なき戦い」なのだ。

サントラは、断然こっちが好み!わしがストーンズ好きなのを忘れちゃいけませんぞ。また、他にも好きな曲がザクザク♪

原作を知らなければ、余計な予備知識がないぶん、純粋に楽しめるだろう。
もともと、映画の原作に目を通さないわしは、原作を見たとしても、違いに無頓着だ。

それに、「無間道」を初めて見た時は、香港のDVDで和訳がないため、映像から複雑な苦悩を読み取れず、これ、テンポよくておもしろい! という印象が強かったのだ。
だから、DVDを何度か見返して、・冒頭の解説はなに?それと話がどう結び付くの?・仏さん出てくるのはなぜ?・華仔の、最後に敬礼する時の表情はどういう意味? とひたすら首を傾げていた。

あの二人の苦悩が無間地獄だとわかったのは、「インファナル・アフェア」が日本のメディアで取り上げられてからのことだし、また、試写会では、テーマソングの和訳を見て、そういう歌だったわけ?とぶったまげていたのだ。

だから、外人が「無間道」を見ても、善と悪がどうのこうのというややこしい苦悩は、なおさら読み取れないだろう。理解できないものは、表現できない。
言い方を変えるなら、形はそこそこまねできているが、原作者が伝えたかった精神性は全く見うけられない。
王羲之の字を、単なるきれいな字にしか思ってない書家が書いたお行儀のいい作品みたいなものだ。

とはいえ、原作のおもしろさその2であるスリリングな点は、ちゃんと描けている。(その1は、仏教的な考え方。たぶん)

余計な話が長くなったため、映画そのものについて書く。

この映画で一番楽しみにしていたのが、ジャック・ニコルソン。配役わかった途端、あのボスの残虐性が強調されたのだなと想像していた。
ディカプリオも嫌いではないが、あまり期待してなかった。

さて、見てみると、ジャック・ニコルソンのボスは、もっとクレイジーでもいいぐらいだ。フェラフェラくちばしる割には、ヤってる場面ないじゃんか。

それにひきかえ、ディカプリオの矛盾を抱えた表情は、とてもよかった。ディカプリオは、わしの中では過去の人になりつつあったので、まだまだやれると安心した。
血筋を否定したくて警官を望んだのに、悪人さえもだませる人間と見なされてしまった人 という設定が、とても興味深かった。

カウンセラー♀は、原作では、恋愛関係以前にまずカウンセラーなのに、リメイクでは、単なる女だったのが、ちょっとがっかりかな。でも、彼女をハナから固くるしく描くつもりないなら、もっとベッドシーンを増やした方がいい。

マット・デイモンは、うーん、いまいち。

ラウに相当するディモンの役は、ただの大ばかやろうなでくのぼうだ。
だが、よく考えたら、原作のラウは、1作めだけでやめておけば、一見クールな悪役でポイント高いものを、うざい3を見たら、実は煮えきらない分、始末に負えないヤツだった。
ルックスはかなり好みだが(当然ですな)大した野望こそないにしろ、自己中で自業自得なヤツだ。
善人になりたいそうだが、てめえの都合でいい人に見せたいだけであって、誰も見てなくともいいことをする人とは違う気がする。
かみさんに愛想つかされようが、頭おかしくなろうが、車椅子に乗ろうが、勝手にやってろバーカとしか思えない男だ。
だから、リメイクするのに、ディカプリオ→苦しんでいる人 ディモン→大ばかやろう とシンプルに分けたのは、わかりやすくてよい。ラウとヤンは、異質の苦しみをかかえていたはずだから。(人の苦しみに上下や貴賎、浅い深いはない、ただし1人1人違う人間だから、好き嫌いが生じるのは当たり前なの!)

わたしとしては、もっとダーティーでエロくて、もっと乾いた感じを期待していたので、腹八分なのです。

ラストは、これでいい。
だってさ、自分がもしおとり警官だったら、苦しみの中身はなんであれ、一生苦しむのなんか、絶対ヤダもんね!

既に見た人が、これのここががっかり、ここが嫌いと述べるのは、おおいに構わないのだ。だって、見たから言えるんだもの。
でも、見ないうちからけなしちゃダメだよーん!


おもいだせない、「無間道」の2で、ヤンの家族構成とか言ってたのだろうか?あの感じ悪いメガネ男は身内だったのか?(一回さらりと見ただけで、あまり覚えてないのだ。)

ところで、マイクロチップかなんかは、結局香港マフィアみたいな中国政府に渡ってしまったのかいな?
もしそうなら、アイルランド系マフィアつぶすことより、そっちの方がおおごとじゃん!
そうだ、広東語にも日本語字幕よろしく。

ウォン警視1号2号(勝手に命名した。1がじいさん、2がブロークンアローらしき男)の設定がむりやりで笑えた。そんなひねりかたしなくてもいいのに。
登場人物同士、情がわくことがあまりなく(人なつこいのは、同期のでぶちゃんぐらいだ)、ウォン警視のお二方は、単なる上司でしかないので、上からじいさんが降ってきても、ただ恐いだけで、悲しくならないのです。

カウンセラー♀の子供は誰の子なんだろう(・ε・?

♪うぇるうぇるうぇーる が聞こえてくるなり、ボスがジョンを例にたとえて、道具は使い道次第みたいなたとえ話をしたが、よくわからなかった。どなたか解説希望。

「無間道」公開当時、見た香港人が皆、深い苦悩を読み取れたのか?という疑問がある。
ついでに、中国版、結末を勧善懲悪ぽくすり替えてあるから、あれでは主旨は伝わらない。

「墨攻」のハリウッド・リメイク版がもしあったら、それは見たくないですな。
人殺しの愚かさに目をつぶって、単なるゲリラ戦の話にしてしまいそうじゃん。


ディパーテッド@映画生活
スポンサーサイト

テーマ : ディパーテッド - ジャンル : 映画

コメント

チップ返せ-!!!!!!!

こんにちは
そういえば、まちがい捜しに見えてしまった最後の10分は、構図もいまいちでしたね。
なぜあんなにバタバタ処理したのだかv-26v-26v-26
原作もあの場面は短時間だけど、一人一人丁寧に演じてるのに。

マイクロチップ奪還は、トニー・ジャーに手伝っていただきましょうかv-29。トムちんの有能な部下として、MI-4に参加するのです。素手で取り返してくれますよ。ジャン・レノみたいなへまはしません。

最後の10分が・・

こんばんは。
きっと香港版を観ていなかったら、ハラハラドキドキで面白かっただろうと思います。
香港版よりスピード感があるので、どんな展開になるのかひきつけられたかも。
でも最後の10分ほどはむりやり的な落とし方のような気もしました。

マイクロチップ、中国に渡っちゃいましたよね。
『MI-4』でも作って奪還しないといけないんじゃ?(^^;)

ひとつ訂正

こんにちは
2~3の要素も入れた分、
上映時間が長いのですね、きっと。

おつまみチーズパスタは、
やせるまでお預けです とほほv-430
補足 
キャベツのピクルスも好物のひとつで、
時々テイクアウトしています

ひとつ訂正、
NYPD出身のジョン警視2号・ウォルバ-グは、
ブロークンアローではなく、
猿の惑星でしたm(__)m

152分は長すぎました

ご無沙汰しておりました。
無理やり三部作の内容をまとめることはなかったのではないかと思いました。
冗漫すぎて緊迫感が薄れてしまったような……。
ニコルソンではなくウォルバーグがオスカーにノミネートされたところに、欧米人と東洋人の嗜好の差をみた気がしました。
ところで、カウンセラーの子供は本当に誰の子なのでしょう?

P.S.イカのマリネはサイゼリアでしょうか。私も好きです。
青豆とベーコンの温サラダ・おつまみチーズパスタと共に、ワインのつまみとして頼んでしまいます。

コメントの投稿


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ディパーテッド (The Departed)

監督 マーティン・スコセッシ 主演 レオナルド・ディカプリオ 2006年 アメリカ映画 152分 サスペンス 採点★★★ 気まぐれでムラッ気もあるもんで、映画を観てもこれといって心に残らないとさっぱり筆が進まないこともしばしば。そんな時はレビューの書き方自体を忘れちゃ

The Departed

貧困と犯罪が渦巻く、ボストン南部で生まれ育った2人の男。犯罪者一族に生まれ、自らの生い立ちと訣別するために警察官を志すビリー。マフィアのボス・コステロに育てられ、忠実な“内通者”となるために警察官を目指すコリン。2人は互いの存在を知らぬまま同じ警察学校で..

ディパーテッド

ネズミ算 生くる術の 社会学  大ヒット香港ノワール「インファナル・アフェア」のリメイク版だとか、監督は「グッドフェローズ」「アビエイター」のマーティン・スコセッシだとか、ハリウッドの豪華キャスト、主演はレオナルド・ディカプリオとマット・デイモン、共演に

『ディパーテッド』

(原題:The Departed)----これって確かハリウッド史上最高額でリメイク権が落札されたというあの『インファナル・アフェア』のことだよね。監督がマーティン・スコセッシだっけ?それにしてもスゴく贅沢なキャスティングだ。「うん。トニー・レオンの役がレオナルド・ディ

 | BLOG TOP | 

プロフィール

(・ε・)ヾ

  • Author:(・ε・)ヾ

  • ♪ま~っしぐーらーさー


    ♪あいつにゃとっても
    かなわなーいー


    まあ、JPのフィギュアが

    这边中文版ただしめちゃくちゃ

    臨書は原帖に忠実に
    創作は自分に忠実に

    苦手なもの
    ・団体生活
    ・洋菓子
    ・脂っこい食物
    ・社交辞令
    ・規則正しい生活
    ・勤勉、努力、忍耐
    ・曖昧な日本語
    ・オチのない長話や
     自慢話を聞かされること

    うさぎどし
    おーしざ
    おんな
    A rh+
    既婚
    左肩に違和感











最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。