レンタルCGI
  1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

贈答品 書き直し

20080916173121
なにしろわしゃ誕生会に行けないからねえ。
あげる相手はかなりトラディショナルなひとゆえ、
わしはこの人には奇抜なものは書かない。

あ、これはもちろんボツにしたやつです。ダメでしょどう見ても。

大きい紙に少数字は意外と楽だよ、チミもやってみ♪
ただし、漢詩なみに字数多いと、かなり頭使うかも。

こないだと違って空気がさっぱりしてるから、紙も筆も扱いやすい。

この紙買うとき、財布が空になったけど、買ってよかった。

ハンパに安いのだと、結局書き心地が気持ち悪くて、ゴミがたくさん出てしまう。
でも寝かしておけば変わるかな?
スポンサーサイト

テーマ : 書道 - ジャンル : 学問・文化・芸術

図録を買わないばかりか、蘭亭序をスルーした。 書の名宝展@江戸東京博物館

前の記事に両国と書かれているのを見て、「なに、こいつまだ見てなかったの?」と気がついた方もいるでしょう。
わしは涼しくなってから行くと決めてたの。

人名はあとで修正。
おもしろかったのは、こーてーけん、鄭板橋、キキちゃん、金農、伊秉綬、劉よう、かしょうき、はちだい山人、石涛、骨で始まるのを書いた自殺した人誰だ?

わしは長条幅が嫌いなので、明時代の作はうざかった。
明を抜け、清になると華やかで気分よくなる。政府寄りの人とそうでない人では字が違うし、職業や立場によっても字が違う。もちろんわしが好きなのは、楊←手へんか?州八怪。
でたらめなようで小技バンバン効いてるの。まだまだまだまだわしは追いつけない。


伊秉綬、好きだけど、なぜこれで名が残るのか?チミはロゴデザイナーか?いつ見ても思うが、やつはどういうつもりだったんだ?謎はきょうも解けず。

あまり興味なかった呉しょうせきのてん書、時おり小気味良く現れる速度のある線に、あら、やられたわ、自分なりの味つけが出てるわ。てん書を書くのがたいくつでしかたなかったわしは、いいヒントをいただいた。

中国の書はむやみに渇筆はない。が、うまい人ほど、単一な真っ黒ではない。その微妙さが難関なのだ。目が鈍感だと、均一に真っ黒な字を書きつづけて一生を終えるのさ。

へ?なぜ蘭亭序見てこないんだって?
肩越しにチラと見たよ。でも並んでまで見たくないもんね。

テーマ : 書道 - ジャンル : 学問・文化・芸術

井上順について考えながら、字を書いてるような、ふまじめなわし

20080909220332
既出の二枚組は、実はスパイダース。ネット通販は便利だ、お茶の水や神田まで行かなきゃ買えんようなものも見つかる。(でも、首都圏に住む人で、毎日働く人ならなら多少からだがきつくとも都心まで行くべきだ。定期券フルに使いこなしてあちこち歩き、あれこれ勉強するのだ!

話がそれたな。ずーっとサボりまくっていたから、半切にうまく字がならばんよ。いつもなら書譜の臨書はクチャクチャ小さく書くが、たまには一行六字で大きく書いてみる。あのクチャクチャしたやつを六字ずつ書くのは意外に大変。だからやるわけ。
あっちがおかしい、こっちが変だと目で字をチェックしながら、耳は「風が泣いている」の譜面を想像していたりする。わしは譜面読めないが、なんだか〈 〉のでかいのが上にいっぱいついてそうな歌に思えて仕方ない。

そんな風にチンタラ書きながら二枚組をかけっぱにして、井上順のふしぎな声質と外人ぽいルックスは、昔の洋楽かぶれなバンドならメンバーに欲しがるのは自然なことかもしれんと感心していた。

静寂の嫌いなわしは、字を書くとき必ずなんかしら音楽聞いている。
書に対して真剣さがないと怒られてもな、わしはいいご身分の文人じゃないし、ストイックに勉強するのはイヤですー。

ところで、生まれて初めて買ったレコードもしくはCDはなんですかね?

わしゃ井上順(いや、当時は順之)の「昨日今日明日」でしたな。
ふしぎな声が子どもの耳にも気になったのよ。
でもマチャアキはしょっちゅうテレビに出てくるから、わざわざレコード買わなくてもいいと思いますた。

あのさ、歌一曲細かく聞き込んで覚えるのは、臨書に匹敵する集中力がいると思わない?

テーマ : 書道 - ジャンル : 学問・文化・芸術

展覧会はへこむためにある

はああ、上には上がいるものだ。
まだまだ、大きな紙の上に、
流れにのるように書くことができのんだわしは。
うそだと思うなら、週末にでも、
都美術館に行って見てくるがいい。
(行くなら、入場券あげるからひとこえかけるべし)

それに、会の雰囲気からちょっと脱線しがちな字を書く傾向もある。
そのこと自体、わしは悪いと思わない。
でも、すべっちゃってるから、情けないのだよ。

今後も脱線したものを書くにしても、
あいつは伝統的な字が書けないから亜流に走ったのだ
なんて思われるような腕前でいたくない。

中華街は参考手本ザクザク

20080626001457
20080626001456
中華街の看板は、
とにかく見てて飽きない。
特に扁額は参考になる。
(重慶飯店のは、于右任が書いてるのかな?
わしのうろおぼえなので、気になった人は確認して来てけろ。)

しばらくぶりに行くと、
見覚えのない看板もある。

じつは
わしの老師の字も
あったりする。

老後は、
ああゆうシブイ字の書ける年寄りに
なりたいものだ。

個展は3DAYs

県民ホールのギャラリーでやりたいと思ってた。
でも、あそこは、神奈川県民なら迷わず行けちゃうが、
他県から来るとなると、駅から遠いのはおっくうだろう。
それにだ、東京のやつらには、
横浜もしょせん地方らしいんだわ、横浜って遠いんだとよ、けっ!
つうことで、同じ金払うなら、
タラタラ公共のギャラリーを一週間も借りるよか、
都内のギャラリーを週末借りるほうが効率いいんじゃないか?と。

個展の次は、ギャラリーではないところに展示させてもらいたい。
(それは今言うわけにはいかない)

ううううう、ぜってえやりてえ県民ホール!
今のわしには、まだ広すぎてあっぷあっぷしちゃうから高嶺の花だけど。
いつかきっとやりたーい!グループ展でもいいから。

タイトルなし

20080408022520
水底の底の字がはっきりしませんな。
ここ数日、ケツが切れてひりひりするのよ。

テーマ : 書道 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タイトルなし

20080407012643
小心地滑書いたらわしは世界一なのだ。
どうあれ世界一。
世界一ばかばかしい
世界一汚ならしい
世界一目障り
世界一おたんこなす

わしの右に出るやつは
ただじゃおかん

とはいえ、
わしは人のことにあまり関心がわかない。
もし仮に右から出るやつがいても
どうぞご勝手にとのんびり家にいるだろう。

テーマ : 書道 - ジャンル : 学問・文化・芸術

トータル1万7千円なり

桜木町までやぼようで行き、ついでに買い物。
全紙だけ買うつもりが、全紙は数枚ずつ、半切一反、本(これは読み物ではなく、鑑賞および臨書用)、そしてメタリックな墨液(かってに略してメタボ)、手頃な大きい墨を買う。サービス券1000円分持ってたから、支払ったのは17.000円ぐらい。

たくさん買う予定だった全紙は、ちがうタイプの紙を5枚ずつ買って試し書きしてから、気に入ったものを後日たくさん買うことにした。そうか、紙のばら売りは、お金がない人のためではなく、いろいろ試したい人のためにあるのだな。
紙は、このおじさんなんか好き~と思える店員さんに教わりながら選んだ。話はそれるが、わしは女の店員が苦手。美容院だって、整体だって、女はいやだ。基本的に、女とダラダラ世間話とかするのは苦手なのだ!化粧品屋に行きたがらないのも、地元では男の店員を見かけないから。

なんだこりゃ?と衝動買いしたのが、メタボ。まだ使ってないが、たぶん、ラメ入りみたいな墨液だろう。色は5色あって、わしはとりあえず金色入りにしておいた。トラディショナルな作品に使う気はさらさらない。色画用紙なんかに書くとき使ってみようかなと。



絵ほどの出費じゃないかもしれんが、字を書くにも、ほしい物あれこれ買ったら何万円もの出費なのだ。作品は地味だけど、意外に金かかる。金持ちか物好きじゃなきゃできませんよ、こんなこと。
だからあえて人に勧めないのです。
収入が多い少ないは関係ないです。書に限らず、収入のほとんどを好きなことにつぎ込んでも平気な金銭感覚の人にじゃなきゃ、やってみなよとすすめられません。

テーマ : 書道 - ジャンル : 学問・文化・芸術

修正は自分でやることだ

なんかとりあえず、自分のはんこぐらいは自分で彫れちゃいそ とおきらくな気分になった初のはんこ彫りだったが、名人にことごとく修正された。特に、こどもの芋版みたいだと感じた白文は。
いい感じに掘れたじゃんと感じた朱文は、白文ほど手を加えられなかったが、ここは残したほうがいいのか?削ったほうがいいのか?判断がつかず残した箇所は、ガッツリ削られた。

修正は、うまい人にやってもらうものだ とあっさり下駄を預けるか、今の自分はへたくそだからあんたに助けられてるけど、本来なら修正も自分でやりたいんだ と今の自分のへたくそかげんをくやしく思うかで、今後のできは、ちがってくる気がする。

しかし彫るのがはえーのなんの。さすがはんこ彫って生活費を稼いでた人だ。「はんを彫れたら、入院しても病室でお金稼げるよ」(実際そういう日があったらしい) と言うだけのことはある。

こういうときに、わしは狭い世界でお山の大将になんかなりたくねえな 自分より優れた人間からだめだしされなくなったらおしまいだ ほめられおだてられるだけの人生なんかまっぴらだと思うのであった。

駅が増えるらしい

20080107215201
地鐵が香港島の反対側まで
のびるそうだ。

なので
頼まれてもいないのに
駅名を練習するわしである。

テーマ : 書道 - ジャンル : 学問・文化・芸術

かきぞめ

20080107111714
なんか地味だが、これを派手に書くつもりはない。語句の意味を壊すようなデフォルメをわしは好まんのだ。

テーマ : 書道 - ジャンル : 学問・文化・芸術

審美眼とうまいへたはべつもん

競書誌(と言っても小規模だが)の審査の手伝いをした。
ごそっと積まれた作品をまず書体別に仕分け。
仕分け、わしは早いぞ。無駄な動きなく、しゅたたたたたと分ける。
ああ楽しかった。
って、それは単なる準備。
次に、同じ課題語句の半紙作品から、よくできたものを数点選ぶ。
わしもひとつだけ受け持ったが、観点がわからない。
ずば抜けていいのはすぐわかるが、あとはどんぐりの背比べにしか見えない。
早いピッチでバサバサと選別する人から、見方をちょっと教わった。
なるほど、言ってることや、観点はわかったが、それでもわしは遅い。

ところで、その人、書くのはあまりうまくない。
それだけ目が超えてるなら、自分の字をなんとかしろと内心思った。

が、きょうは火曜だな。火曜は「なんでも鑑定団」があるじゃん。
鑑定する人たち、よく考えたら、画家でも陶芸家でもないんだよな。

目が越えることと、手が自分のイメージどおりに動くのとは、まったく別問題なのだった。

おこたえしませう

以前アンケートとらせてもらいましたがその中からお答えしませう。

〉書はなぜ黒だけで書くか、色を使わないのはなぜか。

もともとが記録のために発達したし、何色もの筆記具がなかったからでせう。
それから、サッカーは足で球を運び、野球は時計と逆まわりで塁に出ますし、将棋のこまはそれぞれ動き方が決まっている。
ある制限のなかで行う。手で運ぶゲームに変えようとか、時計回りでも走らせろとか、角は斜めだけでなくたてよこの直進もやらせろとか言う人、あまりいないはずです。
どこにでも、なにかしらルールがあるでしょう?その制約の中でどれだけいろいろ書けるかを試すからおもしろい。だから、わたしはいろんな色で書く必要を感じません。すんげええらそうに語っちゃうと、自由を履き違えたくないです。
ただし、他の分野とコラボというなら、やってもよいかも。その際は、CGの人とかに任せるんじゃなく、自分で色つけたいです。

〉銅鑼湾と大きく書いてほしい

この方は、香港の地下鐵のホームみたいのを期待なさっています。
他の駅名はリクエストないですかに?九竜サイドでも受け付けます。まとめて書きましょう。
それにしても、銅鑼灣なのがしぶいですな。とんろうわーん。

いま四時半

20070821043507
しつこいようだが
本人は
いたって大まじめに
書いてるのだ!

夜が明けそうだから寝る。

 | BLOG TOP |  NEXT»»

プロフィール

(・ε・)ヾ

  • Author:(・ε・)ヾ

  • ♪ま~っしぐーらーさー


    ♪あいつにゃとっても
    かなわなーいー


    まあ、JPのフィギュアが

    这边中文版ただしめちゃくちゃ

    臨書は原帖に忠実に
    創作は自分に忠実に

    苦手なもの
    ・団体生活
    ・洋菓子
    ・脂っこい食物
    ・社交辞令
    ・規則正しい生活
    ・勤勉、努力、忍耐
    ・曖昧な日本語
    ・オチのない長話や
     自慢話を聞かされること

    うさぎどし
    おーしざ
    おんな
    A rh+
    既婚
    左肩に違和感











最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。